広島電鉄縮景園前駅徒歩1分。債務整理・自己破産・過払い金返還の無料相談。広島弁護士会所属 山下江法律事務所。

弁護士費用

 平成22年1月より、着手金を廃止いたしました。(但し、ヤミ金への対応を除きます。)

借金・過払い問題に関するご相談(法律相談)

・個人の相談  無料
・事業者の相談 30分5,000円(消費税別)

 (まずはお気軽にご相談ください!)

※他事務所の弁護士にご依頼中の案件のご相談(セカンドオピニオン)は、30分5,000円(税別)です。
※代表/山下江に相談をご希望される場合は、1時間3万円(消費税別)で受け付けております。

料金表(消費税別)


事件等

着手金※1

手数料※1

預かり金

報酬金

任意整理

0

3.5万円/

減額の10% および
過払金を回収した場合は過払金の20※6

自己破産(同時廃止)

0

  35万円※2

5万円※3

※6

自己破産(管財事件)

0

40万円

5万円※4

※6

個人再生(住宅ローン無)

0

40万円

5万円※3

※6

個人再生(住宅ローン有)

0

45万円

5万円※3

※6

<備考>

・完済事案の場合は,1件あたり手数料=0円,1件あたり解決報酬=金3.5万円とします。但し,報酬金が回収金を上回ることはありません。
・分割支払可能。原則月3万円から。ただし、事情により月1万円からも可能。
・法テラス(司法支援センター)が利用可能な場合は、月々5,000円からの分割可能。

※1

着手金とは、事務処理を着手する際に支払われる弁護士報酬をいい、手数料は、依頼事項が終了するまでに分割ないし一括で支払われる弁護士報酬をいう。

※2

夫婦等一緒に処理できるものについては、二人目以降の手数料を25万円とする。

※3

預かり金には、収入印紙、切手代、予納金が含まれる。預かり金に残金が出た場合には手数料に加算し、返還しない。なお、申立必要書類は依頼者の費用負担にて取り寄せるものとする。

※4

預かり金には、収入印紙、切手代が含まれるが、予納金(管財人に支払うも のであり、事案によって裁判所が決定する金額=20万円以上)は含まれない。預かり金に残金が出た場合には手数料に加算し、返還しない。なお、申立必要書類は依頼者の費用負担にて取り寄せるものとする。

※5

訴訟を経たときは回収した過払い金の25%とする。

※6

過払金を回収した場合は過払金の25%とする。


※弁護士報酬は,消費税8%を前提にしたものです。消費税率が変動した場合は,それに応じて弁護士報酬も変動します。

*すでに裁判を起こされている場合や商工ローンの場合には別途料金になる場合がありますので、お問い合わせください。
*事務所によっては,債権者との和解成立後の残債務の支払に関して, 「送金管理費」「返済代行費」等の名目で,1件当たり月1,000円程度請求するところもありますが,当事務所では,返済は債務者自らに行っていただく ことにしており,かかる費用は一切発生しません。
*めったにありませんが、個人再生において再生委員が選任された場合は,手数料に10万円(消費税別)を加算します。
※完済案件で過払い金の回収が確実に見込める場合は,手数料の後払いも可能です。


 ヤミ金対応

上記任意整理料金表の手数料覧記載の金額を着手前にお支払いいただきます。
報酬金は同料金表と同じです。
なお、法テラスの利用が可能な場合もあります。

■マイベストプロコラム
広島の弁護士・江さんの何でも法律相談
「過払い金返還請求にかかる弁護士費用は?」
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/9652/